女性ばかりの職場はやたらと細かいことに厳しい

全国から事務所に修理関係の依頼の電話が入ってくる「電話オペレーター インバウンド」お仕事でしたが、働いてるのが女性ばかりのためか、やたらと細かいことに厳しくて疲れました。電話を受け取る時に、足を組んではいけない、飲み物を飲む時には必ずストローを持ってくること、机に肘つくな、ボールペンは何色だけを使う、服装はどうのこうの、電話で話す時の表情まで〔テレビ電話でもないのに〕それだけでなく、トイレに入った時には壁一面に、トイレを使うに当たっての注意書きがいっぱい書いてありすごく引きました。

どっかの厳しい私立学校じゃないんだから、という感じでした。試用期間中は常に、社員女性が横にいて、ノートを持って、逐一、観察していました。何かあるごとに、私のことを細かくノートに書き込んでいて、は?という感じでした。仕事が終わると、そのノートを見ながらチームの上司から、説教まがいなことをされ、ここは何をするところなんだろう、と思いました。

女性ばかりの職場は、どうでもいいことばかりで足を引っ張りあっていて、仕事は?て言う感じで嫌気がさし、一ヶ月ほどでギブアップしました。仕事を辞めたい理由としてはありがちですが、今でもそこの仕事の広告をみると、もっと早くに辞めてればよかった、なんでガマンしたんだろ、と思います。ちなみに面接の時、私も他に10人くらい、女性たちが来ていましたが、仕事の説明会だけで察知したのか、大部分はその場で断って帰って行きました。みんな、私より年上の方達だったので、さすがわかったんですかね。自分の未熟さが後でわかった気がします。