グラフィックボードとその価格帯について

グラフィックボードは、ビデオカードとも呼ばれ、パソコンなどの各種コンピュータで映像信号の出力または入力する機能を持つ拡張カードです。これらの機能をマザーボードに組み込んだオンボードと呼ばれるものもありますが、グラフィックボードのメリットは交換が可能なことで、グラフィックに関する性能を上げることが可能なことです。もちろん、オンボードであっても、グラフィックカードを取付けることにより性能を上げることが可能です。
グラフィックボードの価格は、その性能によって決まります。安いものであれば1万円以下のものがありますが、高いものでは10万円を超えるものもあます。一般に売れているグラフィックボードの価格帯としては、1万円台から2万円台と3万円前後が中心となっています。これらグラフィックボードは各メーカーが出していますが、価格や性能は搭載されるチップセットにより左右されます。
主に求められる性能としては、高速な3D表示性能やマルチディスプレイ機能などです。3D表示性能は高性能なゲームを行うさいに求められる性能であり、マルチディスプレイ機能は、複数のディスプレイに出力することにより、1台のパソコンで複数の情報を表示できるメリットがあります。